相続の流れ

被相続人が死亡してから、手続きを開始します。
流れとしては、財産内容の調査、相続人を調査→→財産の評価、遺言書の確認と検認→→分割協議→→分割決定or未分割

分割が決定した場合は、遺産分割協議書を作成し、相続税申告書を作成。

未分割となった場合は、法定相続措置を行い、相続税申告書の作成、もしくは修正申告更正請求をします。

ここまで作業を終えると、現金納付、延納、農地猶予、物納が受けられます。

この額から税金を払う必要がありますが、葬式の費用はここから差し引くことができます。
充当するものはコチラです。
◎死体の捜索、死体や遺骨を運ぶのにかけた金額
◎遺体や遺骨を回送するのにかけた金額
◎葬式・葬送などをしたとき、またはその前に火葬、納骨、埋葬などにかけた金額
◎葬式の際、読経などに対してお礼としてお寺などに支払った金額
◎葬式の際に欠かせないものとして、葬式前後に必要となった金額(通夜など)
こうした処理を、自分の知識だけに頼って行ってしまうと、適切な処置ができず、思わぬ不利益を生んでしまうこともあります。これを防ぐには、この分野のスペシャリストに依頼することが大切です。

弁護士、税理士、司法書士、土地家屋調査士など、状況によって専門家の力を借りてください。

What's New

  
2013/02/05
おすすめ記事4を更新。
  
2012/11/08
おすすめ記事3を更新。
  
2012/07/06
おすすめ記事2を更新。
2012/03/14
おすすめ記事1を更新。
2011/12/14
専門家に依頼を更新。
2011/12/14
相続税の申告を更新。
2011/12/14
新着情報を更新。
2011/12/14
相続税の算出法を更新。
2011/12/14
債務は差し引くを更新。
2011/12/14
相続と葬式についてサポート!を更新。
2011/12/14
ホームページリニューアル